WP 削除機能を利用!DB クリーンアップなら「WP-Sweep」

この記事は約1分56秒で読めます

WP 削除機能を利用!DB クリーンアップなら「WP-Sweep」
DB クリーンアッププラグインといえば、
ほとんどのWPユーザーは「WP-Optimize」を利用されていますが、
実はMySQLから直接削除を実行しても処理後に孤立したデータが残るという悲鳴を聞いて「WP-Sweep」プラグイン利用する事にしました。


両プラグインの比較(特徴)

では、定番の「WP-Optimize」との違いは下記の通りですが「WP-Sweep」プラグインは、削除できる項目が多いのが分かりますね!
両プラグインを比較して「WP-Sweep」プラグインの利用手順を下記に提示しますので、ご参考になれたら嬉シーシーレモン果汁1000パーセント(・ω・)
両プラグインの違い・特徴
WP-SweepWP-Optimize
WordPress 削除機能を使用してクリーンアップ直接削除SQLクエリを使用してクリーンアップするが、孤立したデータを残す場合がある
削除できるデータ
リビジョン・自動下書き・重複関連(ポストメタ・コメントメタ・ユーザーメタ)・コメント関連(削除・孤立・スパム)・ポストメタ oEmbed キャッシュ等、他...ゴミ箱・未承認・迷惑メールのコメント・失効したデータ・期限切れの過渡オプション他...
備考
共有サーバーを利用している場合、PHP制限の影響で「WP-Sweep」がフリーズする可能性があると思います。(削除するDBエントリが多数ある場合)自由度と柔軟性を最大限に高めるPremium版がありますが、直接削除SQLクエリを使用してクリーンアップするのは変わらないと思います。

「WP-Sweep」利用手順

画像は拡大しないと見づらいので右クリック→「新しいタブで画像を開く」等で見てください。
  1. インスコしたらWP 管理画面→ツール→Sweep アクセスします。
    上から「投稿」「コメント」「ユーザー」「重複・ターム・下書き」「オプション」「DB」の順に配置されています。

  2. WP 削除機能を利用!DB クリーンアップなら「WP-Sweep」
  3. 項目横にある「カウント」は、現在のDBに蓄積されているデータで「%オフ」は、クリーンアップ時の最適化パーセントになります。
    また【Details】クリックする事で、どのデータが蓄積されているのか一目で分かりますし「WP-Optimize」プラグインには、
    どのデータが蓄積されているのか分からないので、ここが「WP-Sweep」プラグインとの大きな違いになるでしょう。

  4. WP 削除機能を利用!DB クリーンアップなら「WP-Sweep」
    WP 削除機能を利用!DB クリーンアップなら「WP-Sweep」
  5. クリーンアップしたい項目が決まったら【Sweep】クリックしてクリーンアップが実行されます。
  6. 全項目をクリーンアップしたい場合は、1番下部にある【Sweep All】クリックで完了となります。

記事で紹介したプラグイン



がちょぴんコメント

利用するユーザーは当然実行前、バックアップ忘れずに!


( ・ω・o)o<[パンッ!] 記事終わり

記事の更新履歴

記事を公開しました。

コメント

コメントをお待ちしております

コメント投稿前に「プライバシーポリシー」を確認してください

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,546人の購読者に加わりましょう

プロフィール



Amazon ほしい物リスト

ホトパン履いてハイカット履いてる
有村架純ちゃんが、可愛い過ぎて
鼻血止まらない!

WPカテゴリ記事一覧

  1. WP 削除機能を利用!DB クリーンアップなら「WP-Sweep」
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。